NEWS

給湯器(湯沸器)の凍結予防について

2022.01.07

 

img-Z07145556-0001

大変厳しい寒さが続いております。

ガス給湯器の給水バルブにはタオル等で保温をお勧めします。

※水が凍結するのは気温が0℃以下に下がるだけでなく風向きや日当たりなど環境条件の影響によっても起こる場合があります。

詳しくはこちらをご覧下さい。

○給湯器の凍結による破損防止について(リンナイ)

○冬季における給湯機器の故障予防対策等について(日本ガス協会)

2022年1月現在、全国的に給湯器の供給が遅延しております。
壊れた場合の交換が非常に困難な状況ですので、気象情報に注意し、凍結予防対策を行っていただきますよう重ねてお願い申し上げます。

戻る